1. TOP
  2. プログラミング
  3. ワードプレス(WordPress)
  4. WordPressをローカル環境に構築できる「Local by Flywheel」のインストールと設定方法!

WordPressをローカル環境に構築できる「Local by Flywheel」のインストールと設定方法!

WordPressをいくつかあるローカル環境の中から、「Local by Flywheel」をインストールからトラブル対策までを記事としました。

WordPressのローカル環境にはどれが最適か⁉

まずはローカル環境とは、パソコン内だけでWordPressを作動できるローカル環境を構築しなければなりません。

それとは逆に、日頃から見ているサイトなどは本番サーバ(本番環境)になり、自分だけが見れるようにしたかったり、トラブル防止に練習用としてするならローカル環境が一番です。

そこで、WordPressをローカル環境で作動させることができる、定番な環境ツールを簡単にまとめました。

 

①XAMPP(ザンプ)

昔からある定番な環境ツールですが、導入から設定までが初心者にはハードルが高いです。

②MAMP(マンプ)

MAMPも昔からあり、以前まではMacが主流でしたが、Windowsでも利用することができます。

③Local「Local by Flywheel(ローカル・バイ・フライホイール)」

最近のローカル環境として人気のLocalで、初心者でも手軽に導入から利用までできます。

 

「Local by Flywheel」をダウンロードしてインストールする

ここからは実際に、「Local by Flywheel」をインストールする手順を解説します。

 

・Local by Flywheelをダウンロードする

まずは「Local by Flywheel」にアクセスしてください。

 

Local by Flywheel」が英語表示でわかりづらいので、日本語表示に翻訳します。

 

右上にダウンロード(DOWNLOAD)または、左側の「OR DOWNLOAD FOR FREE」をクリックしてください。

 

次は、ローカル環境を設置したいご自身のパソコンのOSを選択してください。ここではWindows(ウィンドウズ)を選択します。

 

ここではOS選択とメールアドレス入力だけで「今すぐ入手!」をクリックします。

 

そうするとブラウザ下部にダウンロード表示されるはずです。Localがダウンロード終了するまで待ってください。

 

ダウンロードが完了すると実行して、インストールオプションの選択をしてください。ここでは、「現在のユーザーのみにインストールする」を選択します。

 

次はパソコンのどこに保存するかフォルダ先を選択します。ここでは、デフォルトのままインストールします。

 

正常ならばインストール中になりますので、しばらくお待ちください。

Localセットアップウィザードが完了したら、完了ボタンをクリックします。

 

これで、Localのダウンロードとインストールは完了しましたので、次はLocalの環境設定をします。

 

 

Localの環境構築前の準備

Localのインストールまでできたら、ここからはパソコンでLocalがちゃんと作動するように設定をしていきます。

Localを起動したら、「We’ve updated Local’s Terms of Service!(ローカルの利用規約を更新しました!)」が表示されるので同意できたら、「I have read and agree to LOCAL’S TERMS OF SERVICE(ローカルの利用規約を読み、同意します)」にチェックいれてクリックします。

 

次に、エラーバグの報告「To help make Local as great as can be, …」をしますか?と聞いてきますので、「いいえ」を選択していきます。

報告してもいいよって方は、「Turn on Error Reporting」を選択してください。

 

機能お知らせがありますがここはスルーで右上から閉じてください。

 

これで環境構築前の準備が整いましたので、次は環境設定に進めていきます。

 

 

Localのローカル環境構築設定

Localの準備段階は済みましたので、ここからは環境設定していきます。

Localを起動したら、CREATE A NEW SITE(新しいサイトを作成する)をクリックします。

 

次に、ローカル環境内のサイト名をここでは簡単でいいので入力してください。

 

ここでは、環境設定などを細かく設定できるようになってますが、ここでは「Preferred(初期状態)」を選択します。

 

 

WordPress管理画面にログインに必要な、「WordPress Username(ユーザー名)」と「WordPress Password(パスワード)」を入力してください。メールアドレスは後から変更可能なのでそのままにします。

※WordPressにログインするときに、ユーザー名とパスワードは必要になりますので、必ず保存管理しておきましょう!

 

ここで本来であれば下記画像のように、正常に環境構築ができるはずです。

 

もし、エラーが出た場合の対処方法を次に解説します。

 

 

Local’s router is having trouble starting.となった時の対処方法

何かしらの原因によって、エラーになることがあります。例えば、

「heads-up local’s router is havlng trouble startlng. leam more」

が表示されたとします。

サイトは出来たのか「OPEN SITE」で確認してみます。

 

「Object not found!」となり、「要求されたURLは本サーバでは見つかりませんでした。…」でError404となってます。

 

 

原因として、ルーターの問題…となっていますが、ここではポートの確認と対処法を説明します。

 

コマンドプロンプトでポート番号の確認

まずは、左下のWindowsのスタートメニューから、「コマンドプロンプト」を起動してください。

コマンドプロンプトが表示されたら、「netstat -nao | find “80”」を入力します。

 

ここの場合はアドレスの末尾が80番で、LISTENINGが3725になっています。

個々のパソコン環境によって番号が違うことがあります。

 

次は、タスクマネージャーを起動してPIDが「3725」になってるのを探してください。

 

PIDから「httpd.exe」が今回の原因のようです。万全な解決方法ではありませんが、対処方法が複数ありましたので最適な解決法を説明します。

LOCAL上の左上メニューから「Preferences」を選択します。

 

左タブから「ADVANCED」を選択し、Router Modeの設定を「localhost」に切り替えます。

切り替え右下の「APPLY」ボタンをクリックしてください。

 

 

これで対処設定は終わりましたので、Localを新たに起動してみてください。

エラー表示が消えてましたら、「VIEW SITE」をクリックしてサイトがしっかり動いているか確認してください。

 

環境設定がうまくいき、サイトがちゃんと表示されています。

 

それではWordPressの管理画面にも入ってみましょう!

 

ADMIN」をクリックすれば、管理画面のログインページが表示されます。

はじめに設定したユーザー名パスワードを入力して、「Log In」ボタンを押してください。

 

無事にログインできたら、WordPress管理画面(ダッシュボード)が確認できるはずです。

 

 

Localの環境構築のまとめ

自分のパソコン内に、WordPressのローカル環境「Local」の構築方法を解説しました。

XAMPPMAMPをまだ、パソコンに利用されていないのであれば、一度「Local」を利用してみるのをお勧めします。

今回はあくまで、私のPC環境の場合の手順になりますので、ご自身のPC環境にあわせて構築されてみてください。