1. TOP
  2. IT・WEB
  3. WEBサービス・ツールアプリ
  4. Visual Studio Codeで「PHP実行ファイルが設定されていないため、検証できません。」の対処方法を紹介‼

Visual Studio Codeで「PHP実行ファイルが設定されていないため、検証できません。」の対処方法を紹介‼

WEB制作やアプリ開発時に、プログラミングコードを入力するエディタソフトに、Visual Studio Code(VSC)があります。そんなVBCで、「PHP実行ファイルが設定されていないため、検証できません。」と表示されたときの、対処方法をまとめてみました。

 

Visual Studio Codeに表示されたメッセージを確認する

それでは実際にどのように、Visual Basic Codeの場所に、どのように表示されるか確認してみましょう。

通常はVisual Basic Codeエディタソフトを起動したら画面の右下に、上記参考画像のように表示が確認できるはずです。

OSやバージョンによって、表示場所が違う可能性もあります。

PHP 実行可能ファイルが設定されていないため、検証できません。設定’php.validate.executablePath’を使用して PHP 実行可能ファイルを構成してください。
表示されているメッセージには、「PHP 実行可能ファイルが設定されていないため、検証できません。設定’php.validate.executablePath’を使用して PHP 実行可能ファイルを構成してください。」とあります。
英語表記の場合もあります。
Cannot calidate since no PHP executable is set. Use the setting php.validate.executablePath’ to configure PHP executable.
ググって訳してみると、Visual Basic Codeに「php.exe」を検証のために指定して欲しいメッセージでした。指定することでPHPの構文などをちゃんとチェックしてくれそうです。
今回は、XAMPPの環境なのでXAMPPフォルダ内にある「php.exe」を指定することになります。

Visual Studio Codeにphp.exeの指定先を設定する

メッセージの確認ができましたので、実際にVisual Basic Codeに「php.exe」がどこにあるかを指定します。まず「php.exe」がどのフォルダにあるかを探します。
「php.exe」がある場所は、 “C:\\xampp\\php\\php.exe”と分かりました。
次はVisual Basic Codeを起動したら、メニューから「ファイル」→「ユーザー設定」→「設定」をクリックします。
そしたら検索窓に「jason」と入力してください。
検索結果で、「setting.jasonで編集」があればそちらをクリックしてください。ここに「php.exe」を指定設定します。
setting.jasonで編集を開くと、数行すでにありますので追加で、下記二行を入力してください。
“php.validate.executablePath”: “C:\\xampp\\php\\php.exe”,
“php.validate.run”: “onType”,
1行目は、php.exeへのパス指定になります。
2行目は、プログラミングをコーディングしているリアルタイム中に構文をチェックしてくれる設定になります。

Visual Studio Codeにphp.exeへのパス指定する方法のまとめ

以上で、Visual Studio Codeにphp.exeのパス指定する方法は完了できたはずです。

一度Visual Studio Codeを閉じて、再度起動してメッセージが表示していないか、確認してみてください。はじめに設定しておけば、毎度メッセージが表示されたり煩わしいこともないので、早めに設定するのをおすすめします。