1. TOP
  2. プログラミング
  3. ワードプレス(WordPress)
  4. WordPress(ワードプレス)にHTMLサイトマップのプラグイン「PS Auto Sitemap」を設置する方法を紹介!!

WordPress(ワードプレス)にHTMLサイトマップのプラグイン「PS Auto Sitemap」を設置する方法を紹介!!

ここではブログ・サイトをWordPress(ワードプレス)で作成して、HTMLサイトマップをプラグインのPS Auto Sitemapで設置するまでをご紹介します。

訪れたユーザーにたいして公開するブログ・サイトをうまく訪問してもらうために活用しましょう。XMLサイトマップの解説については次回記事でご紹介いたします。

 

サイトマップとは!?

ブログやサイトなどにサイトマップのページを見ることがあるはずです。サイトマップとは、書籍で例えるなら目次にあたり、全体の構成をリスト化しているので全体をすぐに知ることができます。

利用するユーザーにも管理・検索エンジンに対しても非常に必要な役割になります。目次がない本って読みなおしづらいですよね。また、サイトマップにはHTMLサイトマップとXMLサイトマップがありますので解説します。

 

HTMLサイトマップとは!?

一般にブログやサイトに表示されているサイトマップページは、HTMLサイトマップと呼ばれるものになります。

サイト等を利用する一般ユーザーがサイトの全体構成を理解するのに一目で理解できるような仕組みになっています。

そのためにサイトマップを設置すれば利便性を上げることにも繋がるのでぜひHTMLサイトマップを設置しましょう。

 

XMLサイトマップとは!?

XMLサイトマップは、一般ユーザー向けではなく、検索エンジン(googleなど)やシステム側に対しての設置になります。

ブログ・サイトを検索などで知ってもらい上位に表示されるようにしっかりと検索エンジンで通知してくれる機能がXMLサイトマップの設置目的になります。

 

HTMLサイトマップのプラグインPS Auto Sitemapを知ろう!!

WordPress(ワードプレス)などのCMSにはブログやサイト等をもっと活用しやすいように機能を拡張することができます。その拡張機能を備えているのがワードプレスの場合はプラグインを利用します。

今回は、HTMLサイトマップの機能を追加するために、「PS Auto Sitemap」と言われるプラグインをインストールして設置することで、HTMLサイトマップを表示できるようになります。

ここでは、HTMLサイトマップのなかでも日本人の方が開発していることでも人気あり、よく利用されている「PS Auto Sitemap」のプラグインを、まずワードプレスにインストールします。

 

 

ワードプレスにHTMLサイトマップのプラグイン「PS Auto Sitemap」の設置手順

WordPress(ワードプレス)に、HTMLサイトマップを設置する手順を解説します。

WP管理画面の左側メニューから「プラグイン」の「新規追加」をクリックしてください。

 

プラグインを追加」画面になりますので、右側上に実際にインストールしたいプラグイン名を、キーワードに入力して検索します。

キーワード名には「PS Auto Sitemap」を入力してEnterしてください。そしたら検索結果でPS Auto Sitemapのプラグインが表示されてますので、「今すぐインストール」をクリックしてください。

 

今すぐインストールをクリックすれば、有効化ボタンになりますのでそのまま「有効化」をクリックしてください。

間違って他のプラグインをインストールしないように、プラグイン名が「PS Auto Sitemap」であることを確認しておいてください。

 

次は、WP画面の左側メニューの「設定」のなかに「PS Auto Sitemap」が追加されていますので、クリックしてください。

 

そしたら、PS Auto Sitemapの画面になりますので、ページ下部に「<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>」と表示されているのをコピーしてください。

 

次はWP画面左側メニューより、固定ページから新規追加で実際にサイトマップのページを作っていきます。

固定ページ」から「新規追加」をクリックしてください。

 

新規固定ページを追加画面では、タイトルに「サイトマップ」と入力し、パーマリンクを「sitemap」に変更します。

本文には、上記でコピーした「<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>」を貼り付けして、最後にすべて入力確認できたら右側にある「公開」ボタンをクリックしてください。

 

新規固定ページを追加画面を公開した後に、ブラウザ上部にURLが表示されていますが、「post.php?post=★★★&action=edit」と末尾がなっているのを確認してください。

確認後に「post=」の後の番号を覚えておくか、数字番号だけをコピーしてください。

 

次にWP画面の左メニューより、「設定」から「PS Auto Sitemap」をクリックしてください。

PS Auto Sitemap画面の4行目ほどに「サイトマップを表示する記事」の項目があるので、項目欄にコピーした数字番号を貼り付けしてください。

最後に下部にある「設定を保存」をクリックして完了です。

 

最後にしっかりとHTMLサイトマップが設定されているかを、実際にサイトマップのページを確認してください。

確認後に問題無ければこれで、PS Auto SitemapプラグインによるHTMLサイトマップ作成は終了しました。

 

HTMLサイトマップは、今後も記事追加などをすれば自動的にプラグイン機能が判断して、サイトマップに表示してくれます。

これでHTMLサイトマップは完成しましたが、XMLサイトマップがまだ完成していません。

次回は、XMLサイトマップの手順を紹介しますのでご参考にされてください。