1. TOP
  2. プログラミング
  3. MySQL
  4. MySQLでテーブルにデータを追加する(‎INSERT INTO の使い方)

MySQLでテーブルにデータを追加する(‎INSERT INTO の使い方)

ここではデータベースのMySQLで、テーブルにデータを追加するを解説します。

 

データ追加の「INSERT INTO」文とは

MySQLでテーブルにデータ追加するには、「INSERT INTO」文を用いてデータ追加することができます。

まず、「INSERT INTO」とはどのような意味なのか簡単に訳してみました。

文法 日本語訳
INSERT INTO 挿入する

 

INSERT INTO」文を日本文に訳すと「挿入する」となりました。要はテーブルにデータを追加(挿入)するになります。

基本的な書き方は下記になります。

INSERT INTO テーブル名 (カラムの名前,カラムの名前, …)  VALUES(カラム値,カラム値, …);
どのテーブルにデータを追加したいので、まずテーブル名を指定して、あとは1件ずつどのカラムにどのデータを追加したいかを記述します。
カラム名を省略した書き方も下記のようにできます。
INSERT INTO テーブル名  VALUES(カラム値,カラム値, …);
上記POINTに当てはめて実際にテーブルを作成してみましょう。

 

 

 

データ追加の前にテーブル作成の準備をしよう

まずはデータを追加するために、テーブルを一つ作成しましょう。

今回は、テーブルnakamaを参考に作成します。

create table nakama (id int, name varchar(10), skill varchar(10));

テーブルnakamaのカラム構造を表示します。

これで、データを追加する準備はできましたので、次にデータ追加します。

 

テーブルにデータ追加「INSERT INTO」文の使い方事例

上記で作成したテーブルnakamaにデータ追加を「INSERT INTO」文で作成します。

 insert into nakama values(1,’のぶなが’,’勇者’);
これでテーブルにデータ追加を1件分できました。
では実際にどのように保存されているかテーブルを確認してみましょう。

データが1件追加できていますので、さらにデータを追加してみましょう。

insert into nakama values(2,’とくなが’,’賢者’);

insert into nakama values(3,’ひでよし’,’商人’);

insert into nakama values(4,’まさむね’,’魔法使い’);

insert into nakama values(5,’しんげん’,’傭兵’);

データ追加を今回4件にしてみましたので、テーブルの中を確認してみましょう。

データ追加したのが、5件すべて保存されていることが確認されました。

一度に数件データ追加する書き方もできます。

insert into nakama (id,name,skill) value (6,’けんしん’,’弓使い’),(7,’みつひで’,’神官’);